インタビュー内容テキスト

主人の場合は、こう、決まった生活がありまして。病気の特性らしいんですけども、何時に起きて、どこに行く。で、主人の場合は、万歩計を付けていまして、手帳に全部、1日の歩数をつけていて、…最初はドライブによく行っていたんですが、ちょっとドライブも危ないかなと思い始めて。わたしも同乗していたんですけども、1日中一緒に乗っているわけにもいかないんで。主人の日課は、午前中がドライブで、あとは、一ぺん家に帰って散歩に行き、フライドチキンを買ってきて、ビールを飲みながらその資格を取る勉強をする、DVDを観ながら。で、また、夕方、ちょっと散歩に行って寝るという、そういう生活がもう、定着していまして。ただ、今、ドライブはもう止めさせようと思って、鍵を取り上げているので、車には乗れないんですが、その分よく歩いているんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言