インタビュー内容テキスト

家の前が三叉路で車道と歩道に分れていないんですが、ごみの収集所になっていまして。そこがすごくごみが散らかっていて、カラスが来たり、その辺のところを非常に主人は憂いて、きれいにしていこうという中で、規則を守らない人がいて、特定の人が。そこにこう、手紙を書いたりクレームをつけたり、それがどんどんエスカレートしてきてしまって、そこの人からいろいろクレームがついて、うまく言えないんですけども、問題行動になってしまったんですね。あの、抗議しすぎ、いきすぎっていうんでしょうか、手紙を書きすぎたというので、調べられてしまったりで、迷惑防止条例に触れるんではないかと。…ただ、主人は、そのときに「僕は、何も悪いことをしていない」と「正しいことをしているんだ」と。はっと我に返って、葛藤を生じるっていうところがなくって。で、平気だというので、ちょっと調べてもらった。「病院に行ったほうがいいんじゃないか」ということを言われて。それで、直接わたしが病院に連れていったのが、4月の終わりごろでしたかね。そこで問診で言われたんですね、「ピック病ではなかろうか」と。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言