インタビュー内容テキスト

画像検査をしましょうっていうことに3年ぶりに…なって。で、主治医の先生の紹介で地元の大きな病院に行ったんですけども、そこに主治医の先生も来てくださって、その依頼した大きな病院の先生も来てくださり、あのー、患者会の方も来てくださって、何か、みんなで、「さあ、ご主人」と言って、主人が「わあー」とか「僕は帰ります、さよなら」とか言うのを抑えて、「まあ、まあ、きょう受ければ、10万円もらえるから」とか、いろんことを言って。「へえー、そうですか、じゃ、受けましょう」と言ってまた座るけど、「僕は帰ります」とか言ってまた立ちあがって。そういうときも、やっぱり、すごく上手にこう対応できれば長もちするし、MRI、あ、シンチグラフィですか、あれ、受けながらも、「うあーっ」とこう起き上がっちゃって、頭や体に巻いたベルトをはずすのを、患者会の方も、「まあ、まあ」となだめながら、何十分も付き添ってくださったんですけどね。だから、そういうときの介護ではなく、付添のスタッフがいるとありがたいなとほんとに思いますね。高齢者だったらもっとこうよろよろしていて、あのー、歩みも遅いんですけど。若くて力があると、あっという間にいなくなっちゃうんで…大変ですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言