インタビュー内容テキスト

あと、特に、あ、嫌なのは、職場では、もう、もう、もう、とても、とてもありましたよ。もう「あんたの、あんたの努力が足りんからできんのだわ」とかっていうのとかね、もう、え、努力しているのになって思っても。ほんとに、悲しかったけど、ま、ね、その人たちも、やっぱり、ね、まあ、仕事だから、この、できない、ね、人を理解できない人も、まあ、いるんですよね。だけど、理解もっともっと理解してくれる人が、ほんとにいっぱい増えれば、全員じゃなかったんです。すごい優しい人たちもいっぱいいて。わたしが、あのー、ゴム手袋をなかなかはめれないっていうのを見た人は、「もう立っているだけでいいから」って言って。そんで立って、こうやって、もう、こういう状態で「はい、はい、はい、できていました」っていう感じで、手袋をはめてくれたりとか。そういう優しい人たちもいっぱいいるんですよね。
だから、もっともっと、でも、こういう病気だと、ここを助けてくれれば、うーんと、ここまでできるんだよっていうのが分かれば、その、そういう職場の人たちもいらいらしなくて、あ、あ、じゃ、あそこができないからあそこを手伝ってあげようっていう気持ちになれば、あの、ね、あの、休職っていうか、あの、退職しなくてもすんだりとか、まだまだ仕事を続けられたりとかできると思うんですね。やっぱり、収入の面でも不安だから、あの、いっぱい、ねえ、仕事したい人まだまだいると思うんですよね、だけど、やっぱり、ね、そう、企業は、そんな甘くはないから、そうはいかないんだろうけども。そこら辺が難しいですよね。そこら辺も何とかなおしたいなと思うんです。だから、そういう支援のことにしても。そうなんです、いっぱいあるんですよ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言