※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:44歳
インタビュー時:49歳(2008年7月)

首都圏在住。2003年春、左乳がんで、左乳房部分切除術(1/4)+腋窩リンパ節郭清、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。5年目の現在もホルモン療法中。 夫と姑と3人暮らしで子どもはいない。発症当時は指圧治療院に勤務。一旦退職後、現在は栄養士としてパート勤務をしている。

今、私、年齢49歳なんですが、38歳のときに専門学校に入って、学校に行くまでは、まあ定期的に婦人科通ってましたので、年齢的にも、乳がん検診はしなきゃいけないなと思って、乳がん検診と子宮がん検診を1年に1回受けてたんですね。だけど、その学校の忙しさと、まあ大丈夫かなと、自分の家族にがん患者がいなかったので、私がなるわけないと、勝手に思い込んでいまして(笑)。それで、私は3年ぐらい行ってなかったかな?とか思ったんですけど、行ったときに、結局6年ぶりだったんですね、検診が。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧