インタビュー内容テキスト

あと、あのう、やはり、左腕が、まず右腕よりは、多少はこう上がりにくいっていうことがあったので、何かリハビリをしなければ、ただ、家で、腕上げてのリハビリはつまんないと思ったので、じゃあ、両手上げられるのはと思ったときに、やはり仲間が「フラメンコやってみない?」っていうことで。「ああ、それならば、取りあえず見に行ってみるね」ということで、見学行って、あ、両手も両足もこれはボケ防止にもなるわということで。で、踊ることも、あの学生時代にちょっとやっていたので、ああ、面白そうだねということで、あの、やりました。やっぱり、あの、ずっと続けるためには、何か楽しみながらじゃないとできないなあというのは感じましたね。で、その踊るっていうことで、自分が意識しないで、その手を上げたりとか、体を動かしたりっていうことができたことは、本当に、まあ今も続けているんですけれども良かったなあと思っています。
あと、やはりその、まあリハビリだけっていうことじゃないっていうことで、日常の中で入れなきゃっていうことで、実は食器を、自分がちょっと手を伸ばした位置で取れるという場所に、食器、普段使う食器を置いて、毎日の中で、右手ではなく左手で取るということを、あの、するようにしました。
やはりそのおかげなのか、人よりも、あのう、手の上げるのはすごい不自由なく、あの…、できるようになったと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言