インタビュー内容テキスト

たまたま家族ぐるみで付き合っている人のご主人が、白血病ですごい高額医療、治療をしてたので、どういうふうにすればいいっていう、「そういういくら以上になるとね、返ってくるよ」っていうことを聞いたので、「その代わり自分で手続きをしないと向こうからは言ってくれないよ」ということを言われたんですね。
で、大きな会社に勤めている場合は、その会社でやってくれるけれども、うちはもう有限会社なので「自分でやるしかないよ」って言われたので、それはもう本当に、それもどこへ行けばいいかも分からなくて、行っている病院に、相談室があったので、そこに聞きに行ったんですね。「こういうので高額医療のそういうのはどこに行けばいいか」って言ったらば、説明してくださって、「社会保険事務所に行ってください」。
行っていろんな説明を受けて、でも、やはり、すごいいろんなそういう手続きとか、いろいろしている中で思ったのは、こちらから言わないと一切向こうからは言ってくれないということがすごいよく分かりましたね。なので、今思うと、祖母が倒れたときもそのやっぱ高額医療だったんですよね。だけど、知らないから手続きをしなかったので、一切戻りは、確かなかったと思うんですよね。
ああ、知らないっていうことは損するよなあっていうことはすごい感じましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言