※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:44歳
インタビュー時:49歳(2008年7月)

首都圏在住。2003年春、左乳がんで、左乳房部分切除術(1/4)+腋窩リンパ節郭清、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。5年目の現在もホルモン療法中。 夫と姑と3人暮らしで子どもはいない。発症当時は指圧治療院に勤務。一旦退職後、現在は栄養士としてパート勤務をしている。

あとはホルモン治療して、2週間目かそのぐらいにすごい頭が痛くなったんですね。もともと、私、頭痛とかはあんまりしたことがないというか、ただ、まあ目が悪いので眼鏡が合わないというので、まああったんですが、それでもないのにすごい頭が重たい感覚が出てきたりとか、あとは、両手両足首がすごい節々(ふしぶし)が痛くなったんですよ。で、本当に寝て起きて、まあベッドなんですけれども、足を着くときにそーっと着く感覚。で、立つのにそーっと立つ。で、まあ階段を降りるのに手すりにつかまりながら降りるっていう感覚なんですね。で、えー?っと思って、まあそんな副作用があるのかなあと思ったんですが、まあ本とかいろいろ見たらば、やっぱりそういう副作用が出ている方がいらっしゃったので、まあ大丈夫かなと。ただ、やっぱりそれを調べて分かるまでは、え、これずっと一生? と思ったんですね。
で、次のときに先生に聞いたらば、「いろんな副作用は出ますが、半年たてば落ち着きます」って言われたんです。で、へえーとか思いつつ、まあ両手両足の、何て言ったらいいか、そのこわばりも分かってからは朝起きたときに、もういろんな、あのう、柔軟体操とかするようになったらば、だいぶ楽になって、それも1カ月か2カ月で落ち着いて。それが落ち着いたと思ったら今度は何て言うんだろう。
突っ張り感ですよね。両手の。何ていうの、手のひらがこうすごい、何かむくんでいる感覚があって、まあそれも起きて動きはじめると、まあ30分か1時間するとすごい、楽になったんですけれども、まあ本当に次から次へといろんな症状が出ました。だけど、何か毎日、そういう中でも、いろんなことをやり始めて、自分がまあ抗がん剤が終わっているので、いろんなこう日常の生活に戻り始めたとき、まあ仕事は戻ってなかったんですけど、だんだんだんだんやっぱりそれに慣れてくることで、本当に、副作用は減ってきました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧