インタビュー内容テキスト

今、私がこうやって話しする、まあ考えの基本としては、やっぱり自分が乳がんになったときに、何でなったのかっていうことを考えたんですね。「あんまり考えることないよ」とか、友達には言われたんですけれども、どうせなら無駄にしたくないなあっていうのがあって、普通みんなまあ隠す人もいるらしいんですが、私はもう即、友達からまあ家族から、職場の人から、全部公開しました。  たまたまクラス会、高校のクラス会があったときは抗がん剤やっている最中だったんですけれども、私は、かつら高いなっていうのがあって。ただ、別に、自分が良ければ帽子とバンダナでいいやというので、まあ帽子被っていったときに、いや、これこれこういうわけで、今、乳がんの治療中で結局、みんな同い年なので、「もうできるだけ早く異常に気が付いたら行ってください」って。で、「どういうのかが分かんない場合には、一応私も経験しているから、私に聞いて」って言って、言いました。まあでも、まあ1人か2人はやっぱり聞いてきてくれて、「いや、こうで、こうで普通外科行くんだよ」とかね、そういうのが言ってあげられたっていうことで、すごい私は良かったなあって思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言