※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

診断時:44歳
インタビュー時:49歳(2008年7月)
首都圏在住。2003年春、左乳がんで、左乳房部分切除術(1/4)+腋窩リンパ節郭清、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。5年目の現在もホルモン療法中。 夫と姑と3人暮らしで子どもはいない。発症当時は指圧治療院に勤務。一旦退職後、現在は栄養士としてパート勤務をしている。

詳しいプロフィールを見る

よく、がん友達としゃべるんですけど、「やっぱり普段は忘れているけれども、いつ再発するかどうかっていうことはいっつも頭にあるよね。でも、その不安は家族にはなかなか言えないよね」って、やっぱり変な心配掛けるじゃないですか。「本人は絶対まだ再発じゃないっていうのが分かっているからいいけれども、家族は不安になるよね。本当に、話す相手がいて良かったね」ってお互いによく言うんですけれど。
 ただ、しゃべらない。私は本当に最初のうち心配掛けたくないっていうことで、最初の反応がすごい落ち込んでいたので、あんまり言えないなあって思ってたので、よっぽどのことじゃないと言わなかったんですよね。そうしたときに、逆にその知り合いの人が、まあ、要するにがん患者の家族の方としゃべってたときに、「でもね」って、「実はいっつもちょっとしたことでも、小出しに言っててもらったほうが家族は楽なんだよ」って言われたので。「え、何で?」って言ったときに、「全然平気だと思ってたのにね、突然、再発だよとか、すごい頭が痛いんだとか、症状の重たくなってから言われると家族はびっくりするから、できれば小出しに何か最近ね、目がかすむとか、ちょっと腰が痛いんだけどとか、起きづらいんだけどとか、だるいんだけどっていうことをね、ちょこちょこ言ってもらったほうが、家族としては、ん?って気にできるから、できるだけ、自分で、いつもと違うと思うことは言ったほうがいいよ」と言われてからは、本当に言うようになりました。
 やっぱりそうすると、家族も、ああ、今ちょっと調子悪いんだなとか、そういうのが分かってくれて、寝ててもあんまり気にしないでいてくれるみたいで。そういうところって、ああ、まあ患者じゃなく家族からの話も聞けたっていうことはすごい私は良かったなあって思いましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12189 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る