※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:44歳
インタビュー時:49歳(2008年7月)

首都圏在住。2003年春、左乳がんで、左乳房部分切除術(1/4)+腋窩リンパ節郭清、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。5年目の現在もホルモン療法中。 夫と姑と3人暮らしで子どもはいない。発症当時は指圧治療院に勤務。一旦退職後、現在は栄養士としてパート勤務をしている。

(医師が診察すると)「「やっぱりこれは大きい病院を紹介するから、どこがいいですか?」と言われ、心当たりがあったのは、近くに大きい病院が、1つあるのと、ちょっと離れたところですが、大学病院と、あと、都内なんですけれども、知っている先生がいるということで、そちらっていう、この3つの選択肢があって。でも、私は近いほうが、後で、やっぱり家族が、入院したときに来やすい場所というのと。あと、まさかこんなに5年もね、かかると思わなかったんですけど、自分が通うのに、楽な場所がやっぱりいいだろうということで、近くの、病院を紹介していただきました。
そのとき(主人に)言ったときに、「本当に近さだけで選んでいいのか?」と、主人のほうからは言われました。
 うん。でも、まあねえ、やっぱり自分の中では、近いほうが楽だわっていうのがあって、まあ結果は大丈夫だったんですけどね。主治医にも、みんなすごい恵まれたので、良かったんですが、まあでも私の場合はそこで、選べる病院が近くにあったから良かったかなあと思います。後で、やっぱり自分ががんになっていろんなそのがんの仲間とかと知り合うようになったときに、やっぱり病院を探すのが、自分に合った病院を探すのが大変だっていう人の話とかも聞いてたので、ああ、私はすごい恵まれてたなあっていうことは今でも感じています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧