※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:44歳
インタビュー時:49歳(2008年7月)

首都圏在住。2003年春、左乳がんで、左乳房部分切除術(1/4)+腋窩リンパ節郭清、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。5年目の現在もホルモン療法中。 夫と姑と3人暮らしで子どもはいない。発症当時は指圧治療院に勤務。一旦退職後、現在は栄養士としてパート勤務をしている。

やっぱりその出ているべき女性ホルモンを一気にバっと止めたので、よくあるその更年期症状というのが出まして。で、私はその更年期について、まだ自分はまあそんな年じゃないっていうのもあったので、親からもまあ友達からも全然聞いてなかったので、どういう症状が出るかが全然分かんなかったんですね。で、一応本とかでは調べてたんですが、出方もその人によって違いますって書いてあったので。
で、私の場合はまあその注射を打って、2日目か3日目の夜なんですが、まあパソコンに日記を書きつつしてたらば、突然すごい何ていうんでしょうね。こう体がこうザワザワする感じで落ち着かなくなりまして。
まあよくいう、ここで誰かがちょっと何か気に入らないことを言ったら、こっちも突っ掛かるぞ!みたいなね、そういう感じになったんですよ。なので、そばに主人が、まあ連れ合いがいたので、これはまずいと思って、「いや、何かね、すごい変な感じがするから、悪いけど1人になるわ」って言って、お風呂入りに行ったんですね。で、まあお風呂入りに行って、まあ10分、そのときは10分か20分ぐらいで、落ち着いたんですけれども、何なんだろう、これと思いながら、次のとき先生に言ったらば、「まあもしかしたら、その副作用かもしれない」って言われて。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧