インタビュー内容テキスト

ただ、あと、ちょっとつらかったのは、やっぱり、腸のほうの動きが悪くなるので便秘気味になるんですね。で、それが私はまさか副作用だとは思わないので、先生にそれを言わなかったから下剤はもらわなかったんですよ。で、まあ自分のほうで、こう冷たいお水飲んだりとかそういうふうにしてたんですけど、やっぱりそれはちょっとつらかったですね。まあ痔(じ)が出るとかそういうふうになって、あとで友達に聞いたら、友達はあとから抗がん剤やったので、「いや、下剤もらったよ」って(笑)。先生は、こちらが言わない限りはそんな症状が出てると思わないので、わざわざね、「下剤出しましょうか」とは言ってくれないんですよね。だから、何かあったらば取りあえず先生に言ったほうがいいんだなっていうのは思いました。あんなつらい思いするよりは、言って、やっぱりその抗がん剤飲んでても大丈夫な下剤っていうのもあるだろうし、
うん、そこは自分の中でまさか副作用とは思ってなかったので、その知らないっていうことがちょっとマイナスのほうに行っちゃったかなっていうのはありました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言