※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

診断時:44歳
インタビュー時:49歳(2008年7月)
首都圏在住。2003年春、左乳がんで、左乳房部分切除術(1/4)+腋窩リンパ節郭清、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。5年目の現在もホルモン療法中。 夫と姑と3人暮らしで子どもはいない。発症当時は指圧治療院に勤務。一旦退職後、現在は栄養士としてパート勤務をしている。

詳しいプロフィールを見る

ただ、あと、ちょっとつらかったのは、やっぱり、腸のほうの動きが悪くなるので便秘気味になるんですね。で、それが私はまさか副作用だとは思わないので、先生にそれを言わなかったから下剤はもらわなかったんですよ。で、まあ自分のほうで、こう冷たいお水飲んだりとかそういうふうにしてたんですけど、やっぱりそれはちょっとつらかったですね。まあ痔(じ)が出るとかそういうふうになって、あとで友達に聞いたら、友達はあとから抗がん剤やったので、「いや、下剤もらったよ」って(笑)。先生は、こちらが言わない限りはそんな症状が出てると思わないので、わざわざね、「下剤出しましょうか」とは言ってくれないんですよね。だから、何かあったらば取りあえず先生に言ったほうがいいんだなっていうのは思いました。あんなつらい思いするよりは、言って、やっぱりその抗がん剤飲んでても大丈夫な下剤っていうのもあるだろうし、
うん、そこは自分の中でまさか副作用とは思ってなかったので、その知らないっていうことがちょっとマイナスのほうに行っちゃったかなっていうのはありました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12185 (17) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["slug"]=> string(9) "kouganzai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(33) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(26) ["category_count"]=> int(33) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["category_nicename"]=> string(9) "kouganzai" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る