※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:50歳 (2021年1月)
感染時期:2020年3月
背景:関西圏在住の男性、医師。妻、娘2名(当時高校生・中学生)と同居。

喉の痛みと発熱があり、PCR検査を受け感染が判明。入院後も発熱は続き、味覚・嗅覚障害のほか、せきも出ていた。症状が軽快してもなかなかPCR検査が2回連続陰性にならず、2週間の入院後、宿泊療養施設へ移って3日後にようやく隔離解除となった。しかし、家族にうつすのが心配で、1週間ほど近隣のホテルに滞在し、自宅に戻った後も、数日はベランダに張ったテントで過ごしたりもした。

そしたら、えーと、私がちょっと体調の異変を感じたのが、3月の末の土曜日。3月の28ですね。まあ、仕事してたんですけど、職場で。3時ぐらいからちょっと喉が痛いなと思いだして、5時か6時ぐらいに、もう、ちょっと家早く帰ろうと思って帰って、熱を測ると、36度ちょっとあった。6度8分か9分で、まあ、熱があるのかどうかなっていうので、ありました。で、その後も測ると、最大、マックス37度まで行ってたようです、記録によると。
で、次の日の朝、起きても熱が下がらないので、ボルタレンっていう解熱剤を――まあ、いつも熱出たときは2錠ぐらい飲むんですけどーー飲んだんですけど、全然、熱が下がらなくて。で、日曜日の朝に、保健所に1回電話しました。ですけど、まあ、そのときまだ、熱が出て2日目だったので、当時は37.5度以上が4日以上じゃないと、まあ、コロナの疑い…にはならなかったので、「まあ様子見てください」ということで、で、自宅にこもって、「コロナじゃなければいいな、ちょっと変だなー」とはその辺からちょっと思ってました。
ですけど、やっぱり38度を超えてきたので、えー、やっぱりちょっと普通じゃないなと思って、その日の夜、自分の勤務先の当直の先生に頼んで、インフルエンザの、検査をしてもらいました。してもらうっていうか、まあ、自分でもらって、自分で鼻に突っ込んでこう検査して、キットで出るので、調べると、A(型)もB(型)も、陰性で。ま、普通はインフルエンザ検査して、陰性だったら、まあ、よかったって思うところが、何かそのときは、陰性だったのが少しちょっとこう、がっかりしたっていうか、インフルエンザであってほしいなと思ってたので、おかしいなと思って。えー、まあ、そのときはもう寝室にこもって、1人でいましたんで、もう夜も遅かったんで、その日は、まあ、寝ました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧