インタビュー時年齢:54歳 (2021年1月)
感染時期:2020年10月
背景:首都圏在住の女性。看護師。医療系大学教員。3人の娘(全員20代)と4人暮らし。

週末に発熱、頭痛、筋肉痛があり週が明けるのを待ってかかりつけ医を受診。PCR検査を受けて新型コロナウイルス感染症と診断され、ホテル療養を希望し発症から4日後に入った。37度台の発熱、頭痛、全身の痛みが強かった。6日間のホテル療養後、自宅で4日間療養した。仕事への復帰後数日して再度発熱、頭痛、倦怠感が出現。薬を飲みながら仕事を継続したが、症状が強かったため、通勤にタクシーを利用したり職場に近いホテルに宿泊したりして完全に体調が戻るまでには時間がかかった。

語りの内容(テキストのみ)

嗅覚とか味覚障害とかはなかったんですけど、やっぱせきが少し出ましたね。それで、あとやっぱ睡眠障害があったりとか、あとは、集中力が持続しなくって。もう特に結構、その気分に、だから波があるふうになっちゃうんですね。多分、それは多分ストレスなのかなーとは思うんですけど、ささいなことが、だから、さっきの隣の療養者の方の音にしても、まあ普通のホテルですからそんなに、何て言うんですか、ベニヤ板1枚っていう感じじゃあないわけで、普通であればそんなに多分、気にするほどの大きさの音ではないはずなんだけれども、やっぱり聞こえてくるとなんかそれが気になっちゃうっていうか。

そういう、だからささいなことに結構、気になっちゃって。それがまあ、イライラの元になったりとか、うん。なんか頭が回らない感じみたいなのは、すごくあったりとかっていうことは、まあその辺はずっと続く感じなんですね。だから最初のその、本当にホテルに療養してたときで一番つらかったのは、頭痛とその体の痛みと眠れなかったこと、あと若干せきが出る。

――体の痛みってのはどんな感じの痛みですか。

あの、インフルエンザのときみたいな感じ。はい、そんな感じ。

――節々が痛いみたいな。

はい、はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧