インタビュー時年齢:54歳 (2021年1月)
感染時期:2020年10月
背景:首都圏在住の女性。看護師。医療系大学教員。3人の娘(全員20代)と4人暮らし。

週末に発熱、頭痛、筋肉痛があり週が明けるのを待ってかかりつけ医を受診。PCR検査を受けて新型コロナウイルス感染症と診断され、ホテル療養を希望し発症から4日後に入った。37度台の発熱、頭痛、全身の痛みが強かった。6日間のホテル療養後、自宅で4日間療養した。仕事への復帰後数日して再度発熱、頭痛、倦怠感が出現。薬を飲みながら仕事を継続したが、症状が強かったため、通勤にタクシーを利用したり職場に近いホテルに宿泊したりして完全に体調が戻るまでには時間がかかった。

語りの内容(テキストのみ)

――退院された後のしんどさっていうのがあったと思うんですけれども、まずその流れで行くと先生は、火曜日までホテルにいらして、自宅で土曜日までいらっしゃったっていうことで。それから翌週からお仕事なんですけど、もうずーっとホテルにいるときから、何ですか、倦怠感とか、そのつらさっていうのがもう始まっていて。ずっとなのか、いったん治った感じで、それがまた来たって感じなのか。

あの、いったんその、だるさみたいのは、どうしようもないだるさとか、体の痛みとか、ま、頭痛とかその辺は、やっぱりうちに帰ってきてからは、まあ、眠れることも眠れるようになりましたし、だからいったん落ち着いて、普通に、まあ若干せきはあったんですけど、でもまあ別に普通に仕事ができるぐらいの、今までの体調とそんなに変わらない感じにまではなりました。はい。でも実際仕事を始めてみると、そうやって3日目ぐらいからもう、ちょっと微熱があって、で、頭痛はひどくて、それはもう毎日毎日、解熱鎮痛薬をマックス飲みながらっていう感じで。で、胃が荒れちゃうので胃薬も一緒に飲みながら、という感じで。だから口内炎とかもできちゃったりとかしながら。はい…っていう状況でした。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧