インタビュー内容テキスト

実は、異変に気付いたときはね、まあ、今から思うとってことなんですよね。そのときは、やっぱり、分からなかったんです。ていうのが、両親も年とっていきますしね、自分自身もね、昔に比べるとだんだんもの忘れが激しくなってね、外出するにも3回も4回もうちを出入りしたりしている自分がいるもんですからね。単純に、両親も、もう年齢的なものかなってそのときは思っていました。
ですけれども、今から考えてみますとね、わたし、あの、会社に勤めていたんですけれども、父が、あの、しょっちゅう会社に電話してくるんです。内容はたいしたことがなくて。「元気か、今度、いつ帰ってくるのか」とかね、子どもたちの近況をね、聞く、まあ、そういう内容なんですけれども。やはり、ひんぱんにかかってくるなって。午前中にかかってきて、また、午後にかかってきてね。勤めているもんだから、迷惑だなと思っていたわけなんですね。それで、あまり、ひんぱんにかかってくるから、あの、実家へ戻って会社の電話番号をね、えー、削除したんです、あの、メモに書いてあるもんですから。だけれども、頭の中に記憶していたみたいで、まっ黒に塗りつぶしたにもかかわらず、相変わらず会社に電話がかかってくるんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言