インタビュー内容テキスト

あの、こたえたなっていうのはね、あの、やっぱり、自分が、例えば、母に対して、ちょっと、荒っぽい介護をしたんでしょうね。こう、トイレ行って、こう、パンツをあげてあげるときに、こう優しくあげないで、ぱっぱっぱっぱっとあげて、ま、ようするに雑にしたっていうことですかね。そのときに、あ、ちょっと、母と言い合いになったんですよ。で、わたしもいつもなら流すんですけど、そのときは、もう流せなくて、もう、本気で、言い、言い合いしたんです。ていうのは、「子どもだから、みるのが当たり前だ」って母に言われたんです。「えー、そんなこと思っていたの?」って。うん、「だって、子どもだってね、必ずね、あの、親の介護するとは限らないのよ」って。「こんなに頑張っているのにそんなこと言うの?」っていうような感じでね。あの、「それ、当たり前だ」って言われたときがね、やっぱり、きつかったですよね。それで、「ひとりで大きくなったような顔をして」とかね。
まあ、あの、だから、母もストレスたまっていたんでしょうね。うーん、あの、デイサービス行ったりショート行ったりして、あの、ストレスたまっている。で、普段介護してもらっているときにはね、頻繁に「ありがとう、ありがとう」って言うんですよ。ですから、あの、感謝の気持ちがあっているんだけれども、あまりにも、こう、荒っぽくされたのが引き金になって爆発したんでしょうね。だもんだから、売り言葉に買い言葉みたいになっちゃってね。わたしもね、「そういうお母さんはね、自分の親の面倒みたの」って「みたわね」って「うそ八百、全然みてないじゃん」っていう感じで。
父のときもやっぱりねえ、そういうような会話で、ま、それぞれ1回ずつだったんですけど。まあ、本音トークといいますかね、まあ、「当たり前だ」て言われると、親は、子どもにね――ま、今度、自分が、介護される側になったときですよね――子どもにあんまり負担かけたくないなって、今、思っているわけなんですけど。んなもんだから、「親がそんなに100%子どもに甘えていいの?」っていうようなね、気持ちがぱあっと出たんですよね。うーん、で、ほんとは言っちゃいけなかったんだけど、そのあとですね。もう、「そんなこと言った覚えないわ」っていう感じで一生懸命やっている。もう、口から出たことは仕方ないから、うーん、一生懸命やって、ま、ご破算にしてもらうっていうことですかね。ま、それぐらいかな、うーん、あの、辛かったのはね。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言