インタビュー内容テキスト

検査に行ったときは、妹が連れて行ってくれたんで、あの、どういう状態だったか、ちょっと分からなかったんですけれども。それでもですね、妹は、あとになって、あの、今説明してもですね、あとになって忘れるっていうのは分かっているんですけれども、やっぱり、それ相当の、あの、説明はしておりましたね。
うん、こういう感じで、今、あのー、お父さんならお父さん、お母さんならお母さん、あの、脳のね、あの、検査にこういうところの病院へ、あの、今連れて行きたいと思うんだけれどもっていうのはね、あの、説明していたんで、わたしはそれは感心しましたね。もう、言っても分からないし、もう、そのまま連れて行けばいいわって、もう、中にはね、あのー、だまして、うーん、「病院へ行く」って言わないで、「ちょっと、買い物に行こう」っていう感じで連れ出して、実は、そこが病院だったっていうことも、あの、実際に聞いたことあるんですよね。だから、それを、あの、しないでね、理解したのは一瞬だけかもしれないけれども、それってすごく大事なことだと思いますね。それで、何かの拍子に、やっぱり、思い出すことも、あ、病院行ったよねって覚えていることもあったりして、まあ、あの、脳は不思議だなって思うんですけど。やっぱり、あのー、正常な人と接していると同じようにですね、きちっと説明をして、それで、「いい」って、「一緒に行こうね」って、「あ、行くよ」って、そういう過程がすごく大事じゃないかなって思いますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言