プロフィール

インタビュー本人13

診断時:53歳
インタビュー時:57歳(2015年12月16日)
夫と子供の3人暮らし。2009年頃から、うつ病を疑いメンタルクリニックに2年半ほど通院した。幻視が見えるようになり、2012年1月に夫の勧めで認知症専門医を受診し、SPECTなどからレビー小体型認知症と診断された。数の違いがわからなくなり仕事に支障をきたすようになっていたため、診断直後に退職した。現在は、市のオレンジカフェでスタッフとして当事者支援にあたっている。活動を通じて社会の一員でいられる、まだ生きていていいんだと思うことができている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

認知症になったからって、例えばMCIとか軽度認知障害です、とか、ま、初期の段階は必ずありますよね。中期も後期もあるんですから。初期の段階で……悩む前に、そういう……グループとつながってもらえたらいいな、と。いいな、と思うし……落ち込むこともしないでほしいし、安心もしてほしくないんです。安心すると、「いいや」になっちゃうんですよ。うん。「いいや」になったときは、絶対進みます。うん。でも、怖がることもないと思うんです。だから、そこですよね。怖がらず、安心しすぎないで、うん。あのー、そういう人たちとつながっていけたら。まずは仲間づくりを考えるといいな、と思います。必ずそういう場所はあります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12138 (17) { ["term_id"]=> int(34) ["name"]=> string(36) "家族会・患者会に参加する" ["slug"]=> string(8) "kanjakai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(34) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(31) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(34) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族会・患者会に参加する" ["category_nicename"]=> string(8) "kanjakai" ["category_parent"]=> int(31) } }
同じテーマの語りを見る