プロフィール

インタビュー本人13

診断時:53歳
インタビュー時:57歳(2015年12月16日)
夫と子供の3人暮らし。2009年頃から、うつ病を疑いメンタルクリニックに2年半ほど通院した。幻視が見えるようになり、2012年1月に夫の勧めで認知症専門医を受診し、SPECTなどからレビー小体型認知症と診断された。数の違いがわからなくなり仕事に支障をきたすようになっていたため、診断直後に退職した。現在は、市のオレンジカフェでスタッフとして当事者支援にあたっている。活動を通じて社会の一員でいられる、まだ生きていていいんだと思うことができている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

―― ご家族との関係性というのは、そうやって、社会的な活動をされる方がよくなっていったのか、そのあたり、どうでしょうか。

うん、そうですね。今は、あのー……応援してくれてます。……今日も主人、送って来てくれたんですけど、あの……時間割くのも、遠くに行くのも、ちゃんと理解してくれてます。講演もやって、あの、行ってもいいって言うし。文章手書きで書いて、息子が、あの、パソコンで、こう、きれいに打ち直してくれるんですけど、赤ペン先生をやりながら。(笑)そんな感じで、うん。だから、あの、応援してくれてます。うん。

それは多分、元気でいるからでしょう。うん。やっぱり「具合悪い」って寝てられるより、元気でうつかうつか(あちらこちらと)歩いてた方が……いいと思う。(笑)うん、元気で留守がいいのかな、と。(笑)……うん、そう思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12139 (17) { ["term_id"]=> int(38) ["name"]=> string(36) "認知症本人の家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(38) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(38) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "認知症本人の家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る