プロフィール

インタビュー本人13

診断時:53歳
インタビュー時:57歳(2015年12月16日)
夫と子供の3人暮らし。2009年頃から、うつ病を疑いメンタルクリニックに2年半ほど通院した。幻視が見えるようになり、2012年1月に夫の勧めで認知症専門医を受診し、SPECTなどからレビー小体型認知症と診断された。数の違いがわからなくなり仕事に支障をきたすようになっていたため、診断直後に退職した。現在は、市のオレンジカフェでスタッフとして当事者支援にあたっている。活動を通じて社会の一員でいられる、まだ生きていていいんだと思うことができている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

人と接しない仕事に変わって、やったら、数字が読めなくなっちゃったんですよ。で、その……レジチェックやってるときは、数字が必ず、何桁も、こう、入ってくる状態っていうかね、数字に強かったのが、あの、体の調子がよくなくて……しばらく休んだんだけれども、その中で見つけた仕事の中で、数字が読めなくなったっていうのはものすごく、あの、私の中で衝撃だったんですよ。

 「何やってんの?」って言われて怒られたんだけど、何が違うのかが、出なかったんですね。……でも、みんなには悟られたくなくって、「えー、間違っちゃったー」って言って。「SOSだよ、ちょっとやってよ」って頼んでね。うん。「まったくー」っていう感じだったんだけども、みんな笑って、「本当にそそっかしいんだから」みたいな感じで、その場は切り抜けたんですけど。

私の場合には、その頃は、まさか認知症とも思ってなかったんで。診断もらったときに、もうとにかく、もう、認知症、これは人にばれたらいけない、仕事はもう辞めるー、みんなにばれる前に辞める、っていうふうな考えに変わってしまって、早々に仕事を辞めてしまった。

―― そのことだけは知られたくないという思いは…。

はい。だって、50ちょっとでー、嫌じゃないですか?ちょっと「認知症」っていう言葉を口にするにも……何で、ここで知られたくない、知られなきゃいけない?っていうのが、やっぱりありましたね。

で、あの、認知症だったら、多分「辞めてくれ」って言われるようなことになったらば、あの、プライドが許さなかったですね。辞めさせられるっていうのは、とても、私の中では考えられないし。うん。でも、「辞める」って言ったときも、すごく「残ってください」っていうふうに言ってくださったんで。うん、本当にそういう……何て言うのかな、うん、そういうふうでありたいと思ってたんで。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12138 (17) { ["term_id"]=> int(41) ["name"]=> string(30) "病気と仕事のかかわり" ["slug"]=> string(7) "shigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(41) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(41) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "病気と仕事のかかわり" ["category_nicename"]=> string(7) "shigoto" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る