プロフィール

インタビュー本人13

診断時:53歳
インタビュー時:57歳(2015年12月16日)
夫と子供の3人暮らし。2009年頃から、うつ病を疑いメンタルクリニックに2年半ほど通院した。幻視が見えるようになり、2012年1月に夫の勧めで認知症専門医を受診し、SPECTなどからレビー小体型認知症と診断された。数の違いがわからなくなり仕事に支障をきたすようになっていたため、診断直後に退職した。現在は、市のオレンジカフェでスタッフとして当事者支援にあたっている。活動を通じて社会の一員でいられる、まだ生きていていいんだと思うことができている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

――「うつ」って診断されて、ま、治療されてたときには、やっぱりその、お薬とかたくさん飲まれてたんですか?

うん、あのー、私の場合にはそんなに強い薬じゃなかったんですけど、やっぱり出てましたね。あの、うーん、精神的に安定するようなもの、「うつでも軽い方のくすりだから大丈夫だよ」っていうような感じでやってはいたんですけど。うん。

ただ、それが主人にしてみれば、症状を早めたんじゃないかっていうのは、うん、やっぱり、薬の影響っていうのは大きかったんじゃないかなって、主人は今でも疑ってますね。無駄な2年半を過ごしてしまったな、っていうことがあります。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12138 (17) { ["term_id"]=> int(17) ["name"]=> string(24) "認知症の薬物療法" ["slug"]=> string(6) "kusuri" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(17) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(15) ["count"]=> int(34) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(17) ["category_count"]=> int(34) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "認知症の薬物療法" ["category_nicename"]=> string(6) "kusuri" ["category_parent"]=> int(15) } }
同じテーマの語りを見る