プロフィール

インタビュー本人13

診断時:53歳
インタビュー時:57歳(2015年12月16日)
夫と子供の3人暮らし。2009年頃から、うつ病を疑いメンタルクリニックに2年半ほど通院した。幻視が見えるようになり、2012年1月に夫の勧めで認知症専門医を受診し、SPECTなどからレビー小体型認知症と診断された。数の違いがわからなくなり仕事に支障をきたすようになっていたため、診断直後に退職した。現在は、市のオレンジカフェでスタッフとして当事者支援にあたっている。活動を通じて社会の一員でいられる、まだ生きていていいんだと思うことができている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

認知症になったら、第二の人生っていうふうに考えて、今までの人生は、まず切り離すことをお勧めしてるんですね。「今までと同じだ」って思ってると、あのー、滅入ってくるし、あの、「昔はこうだったのに」っていうのに引きずられて……いくと思うんですよ。で、第2の人生っていうか、生まれ変わった、第2の人生になって、これが、これ、この状態の私なんだっていうことをまず受け入れる…その……病識というかそれをきちんと認識した上で……ここが……具合が悪いか、ここに障害が、出てしまったから……何かを足してい……ちょっとだけ手を借りるとこはこういうところだっていうような、あの、何て言うのかな……自分に片意地張らなくっていいような、気持ちの持ってき方……を……できたらいいんじゃないかなと私は思ってるんですね。……うん。

……だって、ねえ。血流が悪くなって脳が死んじゃってるところはどうしようもないけど、でも……どうにかして他の所と回路がつながればまた復活するかもしんないって、いうふうに私は思ってるんで。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11184 (17) { ["term_id"]=> int(121) ["name"]=> string(30) "本人からのメッセージ" ["slug"]=> string(7) "message" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(121) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(121) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "本人からのメッセージ" ["category_nicename"]=> string(7) "message" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る