インタビュー内容テキスト

――「薬を飲み忘れてしまう」ことに対して、何かアドバイスがあれば教えていただきたいのですが。

あのねー、私もね、最初忘れてたんです。(気がつくと)アリセプトがやったら多くって、あれ?って思ったら1週間ぐらい飲むのを忘れてたりとかってしたときに、あの、一覧表みたいな、カレンダーみたいのとかっていうけども、それだと、(そんな年齢でもないし)私にはちょっと苦手だって思って。
今は飲み忘れも何もしなくなったんですね。意識を集中してるんですよ。間違えたり飲んだり、忘れたり、間違えて多く飲んだりとかしてたんで。
何で自分で、できないんだ?って。何で自分を忘れたの?って、自分に問いかけてみたんですよ。しばらく、本当に、本当に真剣に考えて。「今、これ、進まないように飲んでるんだよね」って。「安定するように飲んでんだよね」って。「じゃあ、飲み忘れちゃダメじゃん」って。うん。そこで私は変えたんですね。
あのねー……何の意識もなく、ことをやると、ダメになるんですよ。どんなにか集中力を鍛えることによって、飲み忘れとか飲み間違いがなくなる、ってきたんですね……うん。やっぱり、「今、これを飲まなくっては、進んじゃう」っていう意識と、「間違えたら大変だ」っていう意識と……何かねー……そんなことを……思いっきり間違ってたときに、真剣に考えてみたんですよ。そしたら、今、間違ってないんですよ。

――すごい。(笑)

(笑)

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言