プロフィール

インタビュー本人13

診断時:53歳
インタビュー時:57歳(2015年12月16日)
夫と子供の3人暮らし。2009年頃から、うつ病を疑いメンタルクリニックに2年半ほど通院した。幻視が見えるようになり、2012年1月に夫の勧めで認知症専門医を受診し、SPECTなどからレビー小体型認知症と診断された。数の違いがわからなくなり仕事に支障をきたすようになっていたため、診断直後に退職した。現在は、市のオレンジカフェでスタッフとして当事者支援にあたっている。活動を通じて社会の一員でいられる、まだ生きていていいんだと思うことができている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

――「薬を飲み忘れてしまう」ことに対して、何かアドバイスがあれば教えていただきたいのですが。

あのねー、私もね、最初忘れてたんです。(気がつくと)アリセプトがやったら多くって、あれ?って思ったら1週間ぐらい飲むのを忘れてたりとかってしたときに、あの、一覧表みたいな、カレンダーみたいのとかっていうけども、それだと、(そんな年齢でもないし)私にはちょっと苦手だって思って。
今は飲み忘れも何もしなくなったんですね。意識を集中してるんですよ。間違えたり飲んだり、忘れたり、間違えて多く飲んだりとかしてたんで。
何で自分で、できないんだ?って。何で自分を忘れたの?って、自分に問いかけてみたんですよ。しばらく、本当に、本当に真剣に考えて。「今、これ、進まないように飲んでるんだよね」って。「安定するように飲んでんだよね」って。「じゃあ、飲み忘れちゃダメじゃん」って。うん。そこで私は変えたんですね。
あのねー……何の意識もなく、ことをやると、ダメになるんですよ。どんなにか集中力を鍛えることによって、飲み忘れとか飲み間違いがなくなる、ってきたんですね……うん。やっぱり、「今、これを飲まなくっては、進んじゃう」っていう意識と、「間違えたら大変だ」っていう意識と……何かねー……そんなことを……思いっきり間違ってたときに、真剣に考えてみたんですよ。そしたら、今、間違ってないんですよ。

――すごい。(笑)

(笑)

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12138 (17) { ["term_id"]=> int(17) ["name"]=> string(24) "認知症の薬物療法" ["slug"]=> string(6) "kusuri" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(17) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(15) ["count"]=> int(34) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(17) ["category_count"]=> int(34) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "認知症の薬物療法" ["category_nicename"]=> string(6) "kusuri" ["category_parent"]=> int(15) } }
同じテーマの語りを見る