プロフィール

インタビュー本人13

診断時:53歳
インタビュー時:57歳(2015年12月16日)
夫と子供の3人暮らし。2009年頃から、うつ病を疑いメンタルクリニックに2年半ほど通院した。幻視が見えるようになり、2012年1月に夫の勧めで認知症専門医を受診し、SPECTなどからレビー小体型認知症と診断された。数の違いがわからなくなり仕事に支障をきたすようになっていたため、診断直後に退職した。現在は、市のオレンジカフェでスタッフとして当事者支援にあたっている。活動を通じて社会の一員でいられる、まだ生きていていいんだと思うことができている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

―― 幻視の見え方も人それぞれというふうに伺うんですけれども、どんな感じでお見えになったんでしょうか?

私は最初はね、夜だけだったんですよ。だから、あの、夜だから、あの……黒に近い?影みたいな感じに見えて、でも「誰だ」っていうのが分かったりするような。うん、だから、こたつの脇に亡くなった本当のおばあちゃんと両親が3人で座ってる、とかね。うん。あとは全然知らない人が6人も7人もいるとか、そういう感じ。あと、全然知らない男の人が脇に、こう、ここに顔がのぞき込んでるみたいな、とか。まあ、さまざまでしたね。あとは外で声がしたりとか、うん。で、何騒いでんだろう、と思って見ると誰もいない、とか。うん。そんな感じのことはいろいろありましたね。

―― 幻視ということを知らないと「何だろう?」みたいな、そういう思いだと思うんですが。

でもね、あの、父がパーキンソンだったんで、幻視のことはよく言ってたんですよ。だから「一緒だな」って、私は思えた。だからそれが、あのー……怖いとかっていうイメージもなかったですね。それが本当に「ああ、どうしよう!」っていうような感覚ではなかったです。ああ、見えてる、とか、いるー、って感じ、程度で。うん、そんなに怖いとか……「何なの?これ」とかっていうようなあれではなかったですね。
最近は昼間でもあったりとかするんで。この前は道路脇におじいちゃんが横になっ、横っていうか、こんなんなってて。「何で誰も助けないの?」って思って。でも、これだけ交通量があって、誰も止まらないってことはないよね?……待ってー、これは見えてない、みんなは知らないのか?とか思って。特別「あ!助けなきゃ」とも思えないし、っていうか、あの……自分でどっかで疑ってるから、案外……そこらへんは冷静に見てます、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12138 (17) { ["term_id"]=> int(120) ["name"]=> string(99) "レビー小体型認知症に特徴的な症状:幻覚・替え玉妄想・認知機能の変動" ["slug"]=> string(4) "levy" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(120) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(120) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(99) "レビー小体型認知症に特徴的な症状:幻覚・替え玉妄想・認知機能の変動" ["category_nicename"]=> string(4) "levy" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る