インタビュー内容テキスト

―― 今は一時のひどいときから比べると、ずいぶん落ち着かれた感じですか?

パニック障害みたいのはずいぶん改善されましたね。あのー……人とぶつかんのも、前みたいにぶつかんなくなってきたりとか、スーパーにもちゃんと行けるし、買い物もできるようになったし。
幻視、幻聴は……まあ、そ、横ばいかなー……うーん、っていう感じですね。
あと、急に気分悪くなったりとかっていうのが最近出てきたりとか、うん。……トイレから出てきたら汗だくになって動けなくなったりとか、いうようなことも……最近になって出てくるようになって。まあ、季節の変わり目もあるのかもしれないけれども、あとは地面から、こう、ビリビリ感っていうか、電気が走ってるみたいな感じとかっていうのも、うーん……一時期よりは少し良くなったかなー。今はスポンジの方が気になってて。うーん、スポンジ踏んづけてるような感じで、フワフワ感で。あの、意外と、意外と気持ち悪いんですよね。

―― スポンジって、あの、乾いたスポンジですか?

そうです。を、踏んづけてる感じ。うん。……でも、何にもないんですよ。ただ、それを、こう、踏んづけてる感じ。私は指の方に多く感じるんですけど。スポンジを上から踏んづけて、歩ってるような感じっていうのが、ある。うん。他の人からも聞くから、やっぱり、「同じだねー」なんていう話は、してます。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言