インタビュー内容テキスト

――どのような治療をされてるんですか?

うん、あのー、アリセプト。今もアリセプトですね。でー……その後ちょっとアリセプトが嫌になって、あのー、(リバスタッチ)パッチに換えてみたりしたんだけど、それも1年ぐらいで……赤くなりーの、かゆくなりーので嫌になって、「先生、やっぱり戻す」って。あのー、意外と、今、今の主治医の先生もすごく、診察時間をいっぱいとってくれる先生で。あの……私の心に添ってくれるようなことなんで。「いや、ダメです」とかって言うような先生じゃなくて、「換えたい?じゃあ、いいよ、アリセプトで」って、「じゃあ、換えようか」って。うん。「また、じゃあ3ミリからやってみようね」っていうような換え方をしてくれるし。

あとは、睡眠を良く、質を良くするような薬とか、心ちょっと安定するような薬とか、漢方とか、うん、ちょっと6種類、今7種類になったかな。うん、そのくらいの薬の服用で、調整してます。

――アリセプトは最高何ミリまでいかれたんですか?

5ミリで止まってます。レビーは特にアレルギーが出ちゃうっていうか、敏感なんですね。だから、あの、本当に薬は何度も変えた時期もありました。うん。もう、1粒飲んで寝たっきりになっちゃう状態とか、あったんで。本当に今の薬にするまでにずいぶん……何度も換えて。「先生、これ合わない」「これ合わない」っていう状態が何度も続いたりとかして、やっと。で、1錠でダメで、半分に割ってみたりとか。そのような調整の仕方じゃないと、薬は本当に大変です。うん。

だから、この前も造影剤でアレルギーも出てしまったりとか。うん、ショック状態を受けたりとかっていうようなこともある病気なんで…。だから、本当に調整は難しいですね、はい。

漢方も使ったりとかして、うん。あとは、あのー、やっぱり1日の気分差も激しかったりとか、血圧の……保つの、まあ、自律神経もあるんでしょうけど、保つのも大変なんで、頓服入れて。落ち着くように頓服もらったりとかして、だから7種類ぐらいになっちゃうんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言