インタビュー内容テキスト

ああ、それはね、僕いわくね、男性って介護をされない(しない)ものやと思ってはったんね、今までは、周りがね。で、えー、女性が当然やっぱり、介護をされる(する)ような環境にあったというのは大事ですよね。だから、ま、ここが、男性のお住まいであって、で、通常、奥さんが病気になりはった(としても)、娘さんがおられたら、娘さん(が)介護されてる(している)って多いんですよ。で、ご主人が介護しはるって少ないんですわ。
だけど今、男性介護者の会がそうやって、こう盛り上がってきたいうのは、今までご主人がされて(して)いない、あの、娘さんが介護されたはったん(していたの)が、ご主人も入るようになりはった。それが男性介護者の連絡会という形で、えー、皆さんがこう、集まられて、「僕も、家内介護してるんやで」と、「お母さん介護してるんやで」と、こう出てこられたんが、その男性介護研究会の発端になってます。だから、みんなそういう気持ちで、その会に集まってはって。
で、女性の方とはまた、もう1つ違うのは男性の方のは、どっちかと行政のほうに、こう、入っていく人が多いんですよ。行政に入ってく、いうのは行政の改革とかね、そっちのほうに、あのー、こう、少し時間を割いてでも入っていかれるとは思いますよ。で、私もどっちかっていうと、えー、「介護、今されてる(している)方に、こう、行政でね、助けられる部分ないんか」と。今、だから、えー、介護者をサポートする会てありますよね。だから、気持ち的にものすごく詰まってはる人が多いから、そういう会を立ち上げられて、えー、その会で、こう、皆さんは介護に携わってはる方を、あのー、サポートしましょうよという。それはやっぱり男性介護者の方が、こう、かなりズームアップされてきて、それが、ま、発端かなというのは結構出てきてると思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言