インタビュー内容テキスト

で、今まで、その介護者の会でね、先輩方のお話聞かしてもらうと、「若年性のときに、うちの家内もよくてんかん起こったよ」と。それが、なぜてんかん起こるかいうのは分からへんと。だけど、やっぱり若年性のほうの認知症の方にはてんかん発作が起こりやすいっていう。まあ脳の萎縮が影響してんのかなっていうことは、ま、精神科の先生方も、そういうことも言われることあるんですけど、それが、これが要因やとか、もともとの遺伝が問題で何かではなくて、ま、遺伝があるっていう方もいてはるんですけどね。
で、薬の影響も、あることもあるんですって。だから、アリセプトを常用することによって、えー、脳に変化があるから、そういうてんかん発作が起こりうる可能性もあると。だから、アリセプトを飲んでるから、で、今の新薬の薬を飲んでるから、ではなくて、えー、可能性としてないこともないということが、まあある、ある。お聞きしたんですけどね、先生に。それで「アリセプトやめんのか」言うたら、やっぱり「やめたくない」と言う。家内の脳にまた変化、悪い変化、今いいように進んでるのに、そのー、アリセプトをやめることに、てんかんが怖いからアリセプトをやめるっていうことに対して、家内に変化、悪い変化が起こるのが怖いから、ま、ちょっと、それはやめてますね。だからまあ、常時、抗てんかん薬は服用させてます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言