インタビュー内容テキスト

あとは、やはりその、今、家内になぜ化粧さしてもらってるかというと、その、化粧することによって、家内の、あのー、喜び、ほほえみが出る形が多くなって。で、やはり、それは私が家内に直接、こう、肌を触れあうことによって、家内にはこれ77kgのときの体重のときです。一番肥えてたのは、3年ほど前で。
だから、そういうこともあって、今、家内のお化粧を一生懸命させてもらってるというのと、まあ、家内もほとんど元気なころは、私にだいたい素顔をあまり見せない家内だったんで、やっぱりこの化粧っていうのは、家内にとっては大事なことなんやなということで、えー、お化粧のほうも、ま、半端じゃないんですけど、やはり、いろいろなとこの、その、メーク教室に行かしてもらって、自分なりにメークを勉強したりとか、今、取り組んでいるのは、その、えー、メークボランティアで、まあ、今度また9月11日に行かしてもらうんですけど、その、メークのボランティアの会にも所属さしてもらって、ま、本当に2回目、メークボランティアの…老人ホーム訪問ということで行かしていただく。
なぜ、そういうことをさしていただくのかというと、その、肌が、その方に温かい手をね、差し伸べることによって、その方に、やはりその、変化があると。で、その変化が、やはり私は、この家内から得たことで、それをやっぱほかの方にも通じるのかな。だから、そういうことを、やっぱり私はさしていただいて、で、それが、やはりその病気の方に直接伝われば、そういうことも私には、あのー、家内の介護もイコール、そういう方に病気にはこういうことも大事なんですよっていうことを訴えたくて、あの、自分なりに、まあ、あの、男なりの化粧法を、ま、勉強いたしまして、そういうメークボランティアにも自分は出てきたいなということで、まあ、最近はそういう形でさしてもらってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言