インタビュー内容テキスト

―― ご自分はそうやって一生懸命、愛情を注げてるっていうふうに思ってらっしゃって、それで奥さまのほうはそれに対して、受けてくれてるっていうふうに思うのは、やっぱり何かこう、注いだ分だけ、やっぱりこう、良くなったりとか、反応があったりとか、そういうことが感じられる?

そうですね。やっぱり、その、まあ、顔、表情の変化も確かなんですけどね。私がいないとね、やっぱ不安に入ってるときも結構あるんですわ。だから、ま、自分で勝手に思ってることかも分からへんけども、まあ、私がこう、移動するたびに、こう、追っかけようとする。家内が、自分が立てないにもかかわらず、私がこう、部屋から出ようとするときはこういうふうな形になって、やっぱり自分も一緒に行こうっていう、そういう仕草が見えるのが特にかわいいですね。うーん。
で、下の世話したときは、頭、こう、なでるようにね。こう、私、下の世話するとき、こう、かがんででるから、頭なでるようにこう、こう、動かない左手はあれですけど、右手でこう、頭なでてくれたり、こうするときがあるんですわ。で。

―― 奥さまがなでて。

そう、そう。家内が頭をなでてくれる。それが、ものすごくうれしいてね。「ありがとう」っていうことになるんやろうなと。言葉では出せないけど、体でこう、手で示してくれてるのかなとか。そういうのが、ま、自分が今、家内に介護を愛で注いでいる分、家内、愛で受けてくれてるんのかな。が、こう、分かってきてんのかなと思ってますね、今。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言