インタビュー内容テキスト

このままね、あの、私はもう、家内の病気が進まないことを望んでます。ただし、やっぱり心の中では、やっぱり病気は、家内、最終的には治んのかなとかいう、やっぱり思いはあるのは確かなんです。だから今、認知症の家族さんをお持ちの、ご家族はね、やっぱり治るっていう夢を見はるっていうのは、私と一緒なんです。やっぱり元気な家内がいつか、現れるのかなっていうのが、やっぱり心の中にはずっと残ってるんで。それでもやっぱり病気は進んでいくんやな。その病気にどうやって立ち向かっていくかっていう、心の勝負かなっていうのが、今、僕の中ではあって。これに葛藤して、「負けないで」っていうZARDの僕、歌好きなんで。自分自身が負けないで、えー、介護を、家内の介護は続けられたらなっていうのがあります。それがまあ、私がこれからまだしたいこと。だから、「負けないで」っていう人生をこれからも持ちたいなと。
そやけど、やっぱりくじける気持ちが、やっぱり出るときがちょこちょこあるんですわ。そのときに、やっぱり、こう、アルコールをたくさん飲んだりで、結局、毎日寝れないから入眠剤を毎日飲んで、そこになおかつ、きつい痛み止めを飲んだら、脳にかなり悪い変化が最近出てきてんねんけど、それがやっぱ抑えられないときもあって。そういうことも、あえて悪いのにしてるときもあります。それは、だから、「負けないで」と気持ちの中にあるんやけども、それを打ち消す自分もまたいてるという。
この先、どうなんのかなっていうのは、なんぼね、自分でね、こう、精神的にこれからこういうふうにしていこう、ああいうふうにしていこうと思っても、自分一人やとものすごく不安なんですよ、僕自身も。だから、それが負けないで、がんばろうと思っていても、それがぷちんと切れるときいうのは、一人で何か物事にふけるとき。だから、何かをこうしてて、ふとそういうことを思うときがあるのが、うーん、1週間ほど前かな。もう自分自身が、もう腰が痛くて、家内の介護をしてたときに、これがいつまで続くんかなって。もう、このまま、あー…うん、気持ち的に萎えてね…(涙)…人生、やめたいなと思うときがありますわ。だから、これを思いたくないから、一生懸命、自分でね、こう、打ち消すように、こう、「負けないで」っていう気持ちのほう、表に出すようにしてるんけど、たまにこういうことがあることが、つらいですね、やっぱ。
これは消そうって思っても、家内を介護をさせていただく。ずーっとこれが何年も、この気持ちは持ってることになるんかなって思ったときに、もっとつらくなります。…そこでまあ、家内がちょこっと笑顔を出してもらうこと、また、表情が柔らかくなることによって、ものすごく、こう、また、「あ、こんな気持ちを持ったらあかんのや」と思って、また、こう、「明日からもう一度、ちょっと考え直そう」と思って、まあ、それをちょこちょこ繰り返してるときがありますわ。いまだに、何せ、こう、不安な、頼んない僕がいてるんですよ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言