インタビュー内容テキスト

最初はやっぱ逃げてるとこもあったんで、認知症かなと思いながら、いや、違うやろ、違うやろという逃げの気持ちばっかりがあって。だから、本当に認知症ということで、確実に認知症って向かうようになったんは、ま、私は。会社を辞めるか、辞めないかという選択のとこにきてました。というのは、あのー、私ちょっとこう、腰をいわして(悪くして)、会社をこう、2カ月休んでた。そのときに、ま、いろいろ考えたときに、自分1人では介護もう無理やなと。義母にもきっちりこう説明しないと駄目やなということで、その、5年半ほど前に説明して、自分がその、介護のほうに、えー、一緒に、こう、きっちり取り組むようになったのが、ま、その、認知症を認めざるを得ないという形になる。
上司に相談さしてもらったら、その上司はちゃんときっちり奥さんを見てあげれるようにしろと。仕事は、部署は今の部署から、また、自分、あなたが勤務できるような部署に変わったらええやないか、ということで、今の部署で働くようになった。それが5年半前だったんですけど。
きっちり、私が向かうようになって初めて、そのー、家内も心を開けてくれるようになってきたと。それは、それまでは私自身も逃げる、家内も何か訳分からんで、うろうろ、うろうろしてる。だから、義母にも言ってないから、義母も要するに「何してんねん」言うて家内に怒る毎日で、私もまだ半信半疑やったんで、結構どなってました、私がいましたね。
5年半ほど前から、こう、きちんと取り組むようになって、家内にどなることがだんだん、少なくなってきて、この病気っていうのは特殊なんやなということで、自分自身が家内を見る、見さしてもらうということが大事なんや。家内の病気を、良くする。私は良くなると思って、今、介護さしてもらうんですけど、義母もそういう気持ちでいてると思います。だから、病気を治らないと1つも決めつけてないです。いつか病気は治ってくれるんじゃないかなと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言