インタビュー内容テキスト

うーん、そうですね、私自身(のこと)が分かってくれてないなっていうのんが、やっぱり、こう、5、6年ほど前はあったんで、もうぼおっとしてる、ただの人形さんみたいな日が、毎日毎日続いてたし。えー、そのあたりにはもう、便を漏らすようになってたんで、「この病気ってどないなんねん」ていう、そういうことがやはり、こう、積み重なってきて、もう心理的不安ばっかりしかなくって。えー、「1つもええことはないんやな、こんな悪いことばっかり続いていくんかな」っていう。
要するに、私の本来の、もともとの性格は、そういう根暗な性格であったんで、人前で出てお話しさせていただくとか、人前で、えー、いろんな方と会うとかいうのは嫌いなほうだったんですけど、家内が、その、病気をだんだん進行さして、していくことによって、自分が気持ちを改めないと、家内の病気には取り組んでいけないなっていうことで、ま、いろんな会に、参加さしていただいたりして。それで、いろんな方と接触することによって、自分なりに、えー、まあ、今まで分からなかったことも分かってきて、やはりこの病気には家族の愛が大切なんやなというのが、やはりこう、ま、ほかの方にも教えていただいて。それがまあ、自分の心理的変化になってきたんだと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言