インタビュー内容テキスト

それでもやっぱり、なおかつ病気は進んでいくということで、ちょっと、2002年に診察受けたときは、母も勤めてましたんでね、ちょっと大手の会社の総務で。で、私も勤務してて、(妻は)1人でここで、生活してるのが多くて、それが、まあ、1年半ほどあって、やはり、その、言ってることがもう、妄想とか、変な人が来たとか、お金盗まれたとか。で、ごみがここに、ここのうちのガレージにごみがものすごく集まってたりとか。私はそのときに、その病気がそういうことを起こすと分からないから、「誰や、こんないたずらした」いうんで町会に怒鳴り込んでいったんですよ。だから、それはひょっとしたら家内の、ごみを持って行ったはええけど、ごみをまた持って帰り、ほかのごみを持って帰ったりして、それ何度かしてたんやと思いますね。だから、そこを私、見てないし、近所の方も何も言ってもらえないから、結局、そういう、ごみだめのような形になってましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言