※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

インタビュー時年齢:64歳 (2021年2月)
感染時期:2020年4月
背景:首都圏在住の女性。コールセンター勤務。1人暮らし。

38~39度の熱が続き保健所に電話してもなかなかつながらず、病院でPCR検査を受けたのは発症から6日目。肺炎の所見があったが、検査結果が出るまで入院はできないと家に帰された。3日後に呼吸困難になり救急車を呼んだ時には血中酸素飽和度は80%台だった。感染症専門病院に入院、一時は気管切開して人工呼吸器を使っていた。5日ほどでようやく熱が下がり、さらに1週間ほどで2回連続PCR陰性となり退院。だが頻脈や咳などの症状は続いており、後遺症に理解がない職場なのがつらい。

詳しいプロフィールを見る

で、8日(発症から6日め)の日に、あのー、病院のほうに行きまして、もうそれは、あの、普段、私がかかっている病院だったんですけど、もう入り口の状態だとか、そういったのが全部がらっと変わっていて、ま、コロナ対応になってたんですね。それでもう私、歩いていけなくてそのときは、もう普段は歩くんですけれども、歩くこともできない状態だったので、もうあの、タクシーをつかまえて、で、何とか行きました。

それで、そちらに行ったときには、もう座っていられないっていうか、普通に話すのも、もうしんどくて…もう、何て言うんでしょう。息をするのもつらいという状態だったんですけど。で、もう肺がおかしくなっていて、そのとき。レントゲンとそれからCTと、あのー、CTスキャンと、ですかね。もう撮ったときにはもう肺に異常が出てて、肺炎になっていて。で私も、息もできないしという状態だったんですね。

それで、そのときはすぐに(結果が)出ないんです、PCR検査でも。今と違ってすぐには出なくて、あの、2~3日後に…保健所のほうから連絡が行くというふうに言われました。それで、「ただあなたの場合、もうこのまま帰ってくれとは言えないので、ちょっとこのままここで点滴打って、で一応、呼吸困難の状態なので、吸入とかをして、それで、それからほんとはもう、あのコロナの担当の病院のほうに入院してほしいんですけど、うちはそれができないから、救急車を呼んで、すぐにでも、とにかく早く入院してほしい」と、そこで言われました。

それで、えー、とりあえずその病院で3時間ぐらい点滴と吸入を受けて、あとまたタクシーで自宅に戻りました、はい。で、状況を保健所に何とかお電話をして説明をして、それで、「とにかくすぐ入院するようにと言われたので、早く探してほしい、病院を」って伝えたんですけど、もう8日中にも見つからず、9日も、毎日もう3回も4回も電話しましたが、見つからず、もう10日の時点で耐えきれなくなったので、えー、もうあとですね、解熱剤もあと1錠しかなくなってたんですね。なので、もうこれ以上は耐えられないなということで、水とかも飲めない状態だったので、それで、私がその10日の夜に、救急車を…に電話をしました。でも電話つながっても、自分が話せない、話ができない状態だったので、これはもうまずいと思って、いったんそこを切って、次の日の朝、とりあえず朝、電話をしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11082 (17) { ["term_id"]=> int(29) ["name"]=> string(24) "急性期の主な症状" ["slug"]=> string(7) "symptom" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(29) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(19) ["count"]=> int(13) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(29) ["category_count"]=> int(13) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "急性期の主な症状" ["category_nicename"]=> string(7) "symptom" ["category_parent"]=> int(19) } }
同じテーマの語りを見る