インタビュー内容テキスト

生活が、やっぱり変わってきたのは、ええと、診断を受けてから3、4年たったごろからだと思いますけども。だんだんやっぱ家事ができなくなったっていうことと、それにつれて家事がやっぱできなくなると、やっぱどうしても私が、帰りは早く帰ってきたりとかしないと駄目になってたんで。そのやっぱ3〜4年たったごろから、あのヘルパーさん、家事援助のヘルパーさんを使うとか、あとはデイサービスをちょっと使い出したのが、やっぱりその、診断4年後ぐらいからなんですね。やっぱり、いろんな障害がちょっと顕著になってきて、やっぱ一人で、ちょっといろんなことが難しくなってきた時期が、診断受けて4年後ぐらいからなんで、そのころからいろんな公的な支援を受けるようになりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言