インタビュー内容テキスト

あの、やっぱ進行によってちょっと違う障害が出てきまして。それ、神経症状、ちょっと、以前なかったような神経症状が出てきて、ちょっとそれが、去年ごろからちょっと顕著になってきて、それをまた新しい薬を今飲んでます。その神経症状に対する薬を飲んでます。その・・・。

―― 神経症状っていいますと?

あの、歩けなくなるんです。去年の暮れごろから、歩けない。要するに、関節に力が入らなくなってきちゃって。歩けないとか、立ち上がれなくなったのが、去年ごろから出始めて、そのための薬を今飲んでます。その、改善するための。 

―― それはあの、例えば、座ってるところから立ち上がろうとするとか、あるいは寝てるところから起き上がろうとするとか、どういう時?

そうです。ケース・バイ・ケースで全部それ、要するにあの、関節に力が入らないらしくて、あの、ま、立ち上がれない。ま、寝ててとか、座ってる時でも、立ち上がろうとした時にちゃんと立ち上がれないとか。あとは歩けないとか。急にそれが起きてくるんで、それで、それが大体、去年の暮れごろから始まって、今年の春ぐらいまで続いてました。

―― 今年の春ぐらいまでということは、その一応、その治療法によって、効果が・・・。

最初は治療をしなかったんです。それほど、あの、ひどくなかったんですけども、だんだんとひどくなってきて。で、今は薬飲んで。薬飲み始めてからは改善されました、ほとんど。だから、それはま、認知症薬、ま、認知症の進行止めるんじゃなくて、そのやっぱり進行につれて、ま、多少違う障害が出てきたということで。身体的なってことで、歩行困難。まあ、歩行困難とちょっと違うんですけども、それが出てきました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言