インタビュー内容テキスト

それからしばらくたって、まあ、年も80超えたから、やっぱり体調もね、弱ってくるのかなあと思いながら、いたときに、ある日、その、父にご飯できたから、お昼ご飯だから上(2世帯同居の上階)来てって呼びに行ったら、「いや、あの、みんなにご飯出さなくていいのかね」って言ったんですよ(笑)。で、それで、みんなにご飯出さなくてって、誰か来てるのかしらと思って、で、ここ(両親の住居)1階なのでね、分からないから、もしかして私が知らないうちに本当に来てるんじゃないかと思って、で、慌てて下りてきて見たら、テレビに向かって椅子が全部こう並んでたんです。それで、「お父さん、何人来てるの?」って言ったら、7人だか8人だか来てるって。で、今、あの、「誰?」って言ったら、「会社の部下が来てるから」。で、ニコニコしてるの、喜んで。で、こっちはもう息が止まってしまう(笑)。で、ちゃんと椅子が並べ、ありったけの椅子をこう出して、丸椅子でも何でも出して、テレビが見れるようにしてあるんです。で、あれっと思って。そして、「もう、あの、何かお父さん、もういないみたい、帰っちゃったみたい」ったら、「ああ、そうか」って言うんです。「言っていけばいいのに」とかって普通なんです。何か普通にしゃべってるんです。で、あの、ご飯が終わっちゃったらもう何ももう気にしてなくて、で、私が椅子片付けて、で、父も何とも思ってない。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言