インタビュー内容テキスト

介護の言葉では「徘徊」とかいろいろいいますけど、徘徊っていうのはやっぱり理由があるんですよね。で、レビーの場合はせん妄の中での、行動が主体になってくるので、うちの父の場合は、すぐそこに八百屋さんがあったんですけど、その八百屋さんからうちの前まで行列ができてしまって、もううるさくてしょうがないと。だから、それをその、警察に整理してもらう。それで、出掛けていったんですよ。で、それも真夜中で、私は知らないうちにパジャマのままで出掛けていったんですよ。で、警察から電話が来て、で、迎えに行ったら、父は怒ってて、その、「警察に、理由をちゃんと言ってるのに、全然取り合ってくれない」と。「なってない」って言って怒ってて、そのときはちゃんと自分の住所も名前も全部言えるんです、電話番号も。だからうちに電話が来たんですけど、全部言えるんですよ。そういうところはちゃんとレビーははっきりしてると。決して、あの、分かってないわけじゃない。そこが違いますね。
それでそれも1回や2回じゃなくて、何回も、いろんな問題で、例えば自分がどこに、あそこに行きたかったんだけど、道が分からなくなったから、じゃ、警察に行って聞こうと思ったって言って、またパジャマのままで(笑)警察に行って、で、またいるんですよ。で、そうしたら、何回目かのときに、警察のほうから、書類があるので、あの、ちょっとここに記入しておいてくださいって、そうしたら今度、自分たちも地域で気を付けますからっていうことで、住所と名前をそこに書いて。そうすると、その地域の、まああんまり良くないけど、徘徊老人ったらおかしいですけど、そういうリストがあるんですね。で、もうそれで、私はかえってちょっとほっとしたんですね。あの、地域にそういうものがあるならば、少し安心だし、私はそれで良かったと思いますよね。ただ、父はあまり面白くなかったみたいですけど(笑)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言