※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー家族34

インタビュー時:62歳(2012年9月)
関係:長女(実父母を介護)
診断時:父81歳、母80歳で診断されたのは長女52~54歳の頃
2002年に2世帯同居の実父が脳血管性認知症の診断を受け、2年後にレビー小体型認知症と判明。同じ頃、実母もアルツハイマー型認知症の診断を受けて、しばらくひとりで2人の介護をしていたが、父の脳梗塞をきっかけに母は有料老人ホームに入所。2006年秋、父は肺炎で入院中し、そのまま帰らぬ人となった。その後、母に腎臓がんが見つかったが、本人の意思もあって手術はせず、2011年秋に自宅に引き取り、亡くなるまでの3カ月間、在宅で看取った。

詳しいプロフィールを見る

―― ちょっと教えていただきたいのは、その、混合型とかいうのもあるじゃないですか。

あります。

―― だから、今みたいなの(レビー小体型認知症の女性患者で最初アルツハイマー的な症状が出ることが多い)っていうのは、その、明らかにレビーで、絶対アルツハイマーじゃないのか、それとも混じってるのかとかって……。

やっぱり先生方に言わせると、やっぱり解剖してみないとこれはどうにも分からないことで、つい数日前にちょっと先生ともやりとりしてたんですけど、やっぱり解剖しないと、はっきり分からないものなんですよね。ところが、あの、現実、その病名を出さなきゃいけないので、レビー小体型認知症ということで、まあ、それかピック病、アルツハイマー病って、そういうことで、その、先生方も一応、それ、「何となく」をそこに置いて、診断したということにしてると。
ただ私たちは、レビー小体型認知症っていう、その家族会で、と、特化しているのは、やっぱり、あの、レビーの症状っていうのは、その、日内変動がすごく激しいっていうことで、ほかの認知症とはやっぱりちょっと違う。だから、身体症状とか、それから、どうしてそれが起きるのかっていうことはきちっと勉強してもらわないと、やっぱり、ケアするにしても、気を付けなきゃいけないことがたくさんあるんですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12278 (17) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(39) "認知症のタイプと症状の違い" ["slug"]=> string(4) "type" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(25) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "認知症のタイプと症状の違い" ["category_nicename"]=> string(4) "type" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る