インタビュー内容テキスト

ある日、父がこう、かしこまって座ってて、私が声を掛けたら、「自分を、振り回さないでください」って言うんですよね(笑)。で、「お父さん、何言ってるの?」と。そして、それまでは私のことちゃんと娘だと理解して、その日まで、いつも普通に親子でいたわけなんですけど、そこから突然、その、……「自分を振り回さないでください」って。「な、何言ってるの?」って言って。「あなたは一体誰なんですか」って私に向かってまじめに言うんですよ、初めて会った人みたいに。そして、今度、ちょっと、「お父さん、どうしたの」って、「私のこと、分かる?」って言って、「見える?」って言ったんだけども、やっぱりこう、目がどこかうつろっていうか、どっかに行っちゃってる目をしてたんですね。で、「お父さん、見えるの?」って言ったら、こう視線をそらすんです。自閉症の人、…の方みたいに。あの、こう、…目、視線を必ずそらすんですね。
それで、おかしいなと思いながら、でも、こっちはちょっとびっくりしたので、「どうしたの?」って、まあ、「私よ」って言っても、あの、「あなたは副社長だ」とか言いだして(笑)。「どこの会社の副社長?」って言ったら、自分の取引先の今までの、会社の名前を言うんですね、いろいろ。で、「えっ、違う」って言ったら、じゃあそこの、あの、副支店長だとか言いだして、「いや、違う」って。で、あの、「私は娘だ」って一生懸命言い張ったんだけど、全然分からなくて。
そして、主人を呼んだんですよ。ちょっと急に、その、分からなくなったんで。で、主人を呼んだら、その、「お父さん」って主人が声掛けたら分かるんです(笑)。…何かそこでね、あの、すっごく大変なショック受けて、…まあ、皆さん、そうなのかなと思うんだけども、親が子供を分からなくなったっていう瞬間。うーん、そこが、あの、もう本当にね、ショックで。それで、私が「あれ?」と思って、じゃあ、主人のことは分かるんだと思って、それで、「じゃあ、孫の名前は?」って言ったらちゃんと言うんですよ。で、「娘は?」って言ったらね、言わないんですよ。で、今度、子供たちもやってきて、「おじいちゃん、どうしたの?」って。で、まあ、あの、父は孫たちのことは分かるから、普通に話してるんです。そして、娘が、「じゃあ、この人誰だか分かる?」って私を指して、そしたら、父が「分かんない」って。「あらー?」と思って(笑)。で、それで、娘が「おじいちゃんの子供だよ、娘だよ」って言って。言ったら、…あの、「えっ?」て、「何でここにいるんだ。嫁に行ったはずだ」って。……で、しばらくしたら、そのせん妄が解けたのか、ふっと戻った感じで、で、「ああ」って(笑)言ってくれたんだけど、その、まあ、20分か30分の出来事だったんですね、ずっとしゃべってて。だけど、それがすごくショックで、その日、私、寝込んじゃってね(笑)。こう、うーん、分からなくなる、もう親が分からなくなってしまったって。だから、そこで、初めて寝込んで。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言