インタビュー内容テキスト

それで、あの、父のほうは、まあ、脳梗塞の後、ある程度復活はしたんですけど、やっぱり身体的に動きは非常に悪くなって。で、それまで振り回されてた幻視とかせん妄も、こう、規模が小さくなって。うん、「そこに池があるぞ」とか言って、「コイがいるから釣る」とか(笑)、何かかわいい幻視とかせん妄になってきて。で、そのときには私ももう慣れてしまったので、父と一緒にその幻視を楽しんでしまったり。で、一緒になって見えないけど、こんなものが見えるのかもと思いながら、あの、何か父がこうやって手振ってるので、「誰か来たの?」って言ったら、「誰それが来た」って言って。やっぱり会社の関係で「部下の誰それが来た」って、「あっ、そう」って。「何か寒そうだから(笑)、寒そうだから、何かコートを着せてやんないと」とかって父が言うんですよ。「コート持ってきてやんないと」「ああ、じゃあコート、どのコートにしようか」とか、一緒になって楽しんでたら、何かふっとその幻視は消えちゃうらしいんですけども。そうしたら父が、「おまえ、何言ってんだ?」って(笑)。私が「どのコートにする?」って言ったら、「おまえ、何言ってるの?」って(笑)、「何でコートが要るの?」とかって(笑)言われたりね。あの、こっちがちょっと「えっ」と思うようなこともありましたけど、まあ、その、そういうのも何か楽しみながらね、レビー小体と言われつつも、だんだん楽しみながら。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言