※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー45

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)
東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

詳しいプロフィールを見る

平成16年に、PSAが5.4になった。前の年がいくらだったのか、ちょっとよく分からないんですけども。で、当然人間ドックの結果というのは、ドックを受けたとき、すぐ注意しなけりゃならないことについては…そのドック受けたときに、わたしが受けたのは成人病センターですから、そこでお医者さんから、いろんな注意を受けますけども。いろんな数値関係から何からはね、早くても3週間から1ヶ月ぐらいかかるんだよね。で、7月にドックを受けて、7月の中旬かな、中旬ころドックを受けて。わたしのところに通知が来たのがね、8月の中旬ころだったんだね。だから1カ月ぐらいかかっているんだね。そんときにPSA5.4で。PSAの基準が4なんですよね。で、そこまで、だからPSAの腫瘍マーカーを測るオプションだということぐらいで、前立腺というのは何が基準で、どんなものかっていうのは、一切もちろん分からなかった。ほんで、すぐ精密検査を要するというふうに、ただ書面で出てきた。で、来てから、1週間ぐらい経ってからね、すぐ近くの病院に再度検査行ったら、そのときは7.4になっていたんですよ。だからドックを受けたときから、1ヶ月ちょっとぐらいで、2ポイント上がっていたわけよね。で、こういうドックの結果から、今、測ったらこういうふうになりましたっていうことを、お医者さんに全部データ見せましたので「これは即、前立腺がんだっていう診断されるのは、30%ぐらいですけれど、生体検査したらいかがですか」ということを、初めてそのときに言われてですね。そんときに、このがんという現実の言葉を聞いたときには、もうやっぱり、頭真っ白になりましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(69) ["name"]=> string(18) "PSA検査・検診" ["slug"]=> string(7) "kenshin" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(69) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(69) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "PSA検査・検診" ["category_nicename"]=> string(7) "kenshin" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る