※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー45

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)
東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

詳しいプロフィールを見る

このIMRTっていうのは、当然、放射線治療ですので、計画を立てなきゃならないんですよ。で、計画っていうのは、どういうことかっていいますと、人間1人1人その内部の臓器が違うもんですから、その臓器の形をまず確定しなきゃならないし。それで、動くでしょ、中の前立腺なりいろんな周辺のものが。膀胱であったりね。だから、そういうものの位置を決めるために、そのIMRTを受ける前に、ですから金マーカーっていうのを入れるんですよ、前立腺の中に。金です、金。金属の金。で、これを目印にして、そして、そっからこう立体的な、わたしのその、放射線を当てるべき、前立腺および精嚢の部分のかたちを、映像化して。それに対する放射線をどういう角度で、どういうふうに何回当てようかっていうのを、放射線の計画っていうんです。それの計画をまず組まなきゃならないと。その計画にもとづいて、そして放射線の技術者っていうのが、こう回転しながら、何分間ぐらいずつ、いろんな角度からずーっとこう当てるんですけどもね。
(IMRTを)やったあと、やっぱり、やり遂げたと。だけど、これがよかったのか、手術がよかったのかって思いながら、その2ヶ月間、40回のIMRTは、続けている間は、これでいいのか? これでいいのか? って思いながらやっていましたね。ええ。それは葛藤ありますよ。だって、どれがいいかなんていうのは分かりませんもん、われわれ。うん、自分にとってね。ただ、その準備のために、先ほど金マーカーを前立腺に3ヶ所こう入れたと。その入れるときに、リンパ節をとって、そして、そのリンパ節までいっているかどうか、全部じゃないんですけども、一番いきそうな部分をとって検査するんですよ。で、それでも、がん細胞ありませんでしたよということをね。だから、金マーカーを前立腺に入れるっていうときに、全身麻酔しているわけなんです。そんときに腹の中に穴をあけて、そしてリンパ節を(切除する)。そんなことやるんだったら、もう手術したほうがよかったんじゃない? っていう思いも今はありますけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(80) ["name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["slug"]=> string(10) "gaisyousya" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(80) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(80) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["category_nicename"]=> string(10) "gaisyousya" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る