※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)

東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

これは一つの、手術と同じなんですね。やっぱり、全身麻酔して、そしてはっきり言えば、その対象となるところに、集中的に超音波でやる。で、麻酔をしてね、やる方法なんです。で、これもですね、前立腺がんだけじゃなくて、いろんながんにも言えるんでしょうけども。あくまでも初期の段階、例えば前立腺がん、前立腺だけに限定されているものだと効果があって。今これも、ヨーロッパのほう中心に盛んに使われているやつなんですよ。
で、わたしみたいに、MRIでみたところ、「何かぼやっとしているものがまだあるようだから」っていうことで。じゃ、わたしは、自分自身で納得するためにやってみようという気持ちになって、それで先生に相談したら、「やってみよう」って。「これ保険きかねえから100万以上かかるよ」というようなことで。金額的なことももちろん承知の上でね。それは、今かかっている大学病院と関係のある方がやっているところで、したので。勧めていただいて、そして…受けたというのが概要なんですけども。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧