※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)

東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

その、人間の尊厳にかかわる部分っていうのは、苦しみもがきながらもですね、それであっても、安らかに、あの…納得したね、対応の仕方、生き方なんていう大げさな言い方じゃなくて、この病いに対する対応の仕方でいいんですよ、それができて、そしてそれも、家族と共有できて。ま、職場まで巻き込んで迷惑かけているわけで。そこまで、職場も自分の治療法とか何とかまでは、職場まで巻き込むことはできないんだけれど。ごくごく親しい友人には、その事情が話せたり。そういうことっていうのは、すごくね、大事な部分で、わたしはその点、だから、恵まれているかなと。特に兄弟だったり家族だったりに、というところを、どの程度までね、あの、サポートしてもらっているかが、すぐ、やっぱり、分かるわけで。だから、あとやっぱり、職場には、相当迷惑を今もかけているんだろうけれども。そうであっても、やはり、病気のことが常に頭から離れないっていうのが一番、わたしに…わたし自身にとっては、あんまりよくないもんですから。なるべく病気のこと考えないようにするためには、なるべく仕事を続けていたいし。自分の好きなこと。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧