※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)

東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

あとやっぱり、一番心配…みんな心配したのは、行き帰りの車の交通事故。これは治療受けている先生方からも、「あなたの場合、車でのあれだから、バスか何か、電車か何かで(通院)できないんですか」ってよく言われました。結構やっぱり、ほら、眠くなったりとか。続けて、夏の間ね、自分ばっかりしっかりしていても、誰かの居眠り運転にあって、交通事故なんかあって、入院しなきゃならなくなったら「放射線治療を続けてするのが、意味があるのであって、これが途中で中断したら、全然意味がなくなる治療なんですよ。そこ分かっているんですか?」ってよく注意受けましたもの。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧