※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)

東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

免疫療法もね、積極的にやるようなスタンスでね、泌尿器科の先生方は忙しくてすぐできない。大きな大学であればあるほど、その、専門性が高くなって。その辺に、わたしは、期待しているから、わざわざ行ってるんであってね。で、そういうふうな希望を申し上げてもね、なかなか、やっぱり保険が効かないからとかさ、いろいろやっぱり、ほかの科の人たちに、あの、横の連絡してお願いすることも、まあ、したくない…しづらいんでしょう。したくないというよりも。だから、そういう大学側の考え方、理念というかね、患者側に立ったやり方も、それぞれ、やっぱり、もうこの際だから、いろんなことをやってもらいたんだけれど…なかなか。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧